北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

健康科学分野

Health Sciences and Technology

健康科学分野は,健康科学研究の推進を目的として平成23年4月1日に設置されました。現在,13人の教員と14人の客員研究員が所属しています。大学院教育では健康科学科目群を担当していますが,学部教育の担当は看護学,放射線技術科学,検査技術科学など多岐にわたっており,医療専門職の枠を越えた多彩な専門の教員で組織されているのが特徴です。専門分野は代謝生化学,医療情報学,神経科学,環境科学,人類学など広汎な学術分野にまたがっています。
国際交流活動も活発で海外のフィールドや共同研究先も非常に多く,学際的かつ国際的な視点と高い研究能力を持ち,様々な分野で活躍できる人材の育成を目指しています。

関連ホームページ

健康科学分野ホームページ:https://www.hs.hokudai.ac.jp/hsths/

主な研究内容

環境と生命,病気と老化の予防,健康創成(齋藤 健)
無侵襲脳機能計測,生体医工学(横澤)
医療情報,医療システム,医療経済(小笠原)
国際保健,栄養人類学,QOLと幸福(山内)
バイオセンサー,生物物理化学(武田)

研究室

代謝調節研究室
社会医療情報学研究室
脳機能計測学研究室
環境健康科学研究室
人類生態学研究室

分野構成教員一覧

特別招へい教授

千葉 仁志

教授・特任教授

齋藤 健 / 横澤 宏一 / 小笠原 克彦 / 山内 太郎 / 惠 淑萍

准教授

武田 晴治

助教

陳 震 / 喬 琳 / 吉村 高明 / 譚 慧(研究院長付) / WAGEH SOBHY DARWISH(研究院長付) / 何 欣蓉(研究院長付)

ページの先頭へ