北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

潜在助産師の為の再チャレンジ支援プログラム

top

link1      link2      link3 

ここ数年、産科医不足のために、わが国の母子保健の危機的状況が社会問題になっています。そのような中、この母子保健活動で重要な役割として期待されている専門職が助産師です。道内には助産師の資格を持ちながらも様々な理由から未就業である助産師の皆さんが多く存在しているのが現状です。
そこで北海道大学大学院保健科学研究院では、文部科学省の委託事業である「社会人の学び直しニーズ教育推進プログラム」の取り組みとして、未就業助産師の再活動を可能にすることを目的に、平成19年9月から平成21年3月まで「潜在助産師のための再チャレンジ支援プログラム」を展開しました。
平成22年度以降は、保健科学研究院のプログラムとして、フォローアップの支援を行っていますので、是非ご参加ください。

受講対象  未就業の助産師
場   所  北海道大学大学院保健科学研究院
申し込み及び問い合わせ
北海道大学大学院保健科学研究院

ページの先頭へ