ごあいさつ

 

北海道大学医学部保健学科看護学専攻 専攻主任
佐藤 洋子(さとう ようこ)

 北海道大学において看護教育を開始した1920年以来、本学は多くの看護師を輩出してきました。 現在の看護学専攻は医学部保健学科内に2003年10月に設置され、社会の多様なニーズに対応できる高度な看護実践能力と国際的視野を持った看護師を育成することを目的としています。また、本学が総合大学であることと培ってきた看護学教育の長い伝統を強みとして、将来教育者あるいは研究者として看護学を探求する人材の育成を目指しています。
 目標に向かって熱くチャレンジする学生を、私たち教員は心から歓迎します。

 

教員グループ

 

 

コースマップ

 

 

教育目的

 

 看護学は、さまざまな健康状態や環境で生活している人々が、自らの生命力を高め、持てる力を十分に発揮できるための援助について、科学的に探求する学問である。
 本専攻では、社会の多様なニーズに対応できる高度な看護実践能力と国際的視野を持った看護師を育成することを目的としている。また、将来、教育・研究者として看護学を探求できる人材を育成し、看護学の確立と看護技術の開発を促進し、もって人々の保健医療福祉の向上に貢献することを目的としている。

 

教育目標

 

  1. 幅広い教養を基礎とし、専門職としての倫理観を有する豊かな人間性を身につける。
  2. 他者と信頼関係を築くための対人関係能力を身につける。
  3. 医療における安全の意味を理解した上で看護を実践し、対象を取り巻く安全な環境を確保する能力を身につける。
  4. 科学的根拠に基づいて看護を実践できる能力を身につける。
  5. よりよい看護を提供するために、他職種との連携の重要性を理解し、ヘルスケアをマネジメントする基礎的能力を獲得する。
  6. フロンティア・スピリットをもって、自己の課題ならびに看護学の課題を自ら探求し、自己研鑽を行い、研究・開発できる資質をもつ。
  7. 医療人として国際的視野に立ち、国際的に活動できる資質をもつ。