北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

作業療法学専攻

概要

作業療法学専攻作業療法学とは、こころやからだに障害を持つ方々に対し、『作業』を用いてその人らしい生活の再獲得への援助を科学的に探求する学問です。

『作業』とは、日常の生活に関わる活動、仕事や遊びといった諸活動をさします。したがって、人間の生活すべてが『作業』の対象となります。 私たちは皆、大切な『作業』を行うことで自分らしく生きています。健康な生活を取り戻すために、『作業』を用いて、持てる能力を最大限に引き出すお手伝いをすることを学びます。 さらに作業療法は、子どもからお年寄りまで生活に障害を持つすべての人が対象となるため、あらゆるニーズに対応できる幅広い内容の学習が必要となります。 本専攻では、幅広い教養と深い人間理解と高度で専門的な知識と技術を持ち、国際的視野に立った作業療法士(国家資格)となるために、 加えて保健学としての高度な作業療法の理論と方法を探求する研究者をめざして学ぶことができます。

専門科目

基礎的な知識として、『解剖学』『生理学』『運動学』『人間発達学』などに加えて、『リハビリテーション医学』『精神障害学』などの臨床医学を学びます。 さらに専門科目では、『作業療法概論』『基礎作業学』『作業療法評価学』を基に、『身体障害』『精神障害』『発達障害』『老年障害』などに対する作業療法学を学びます。 また、多様なニーズに合わせて『地域作業療法学』や『寒冷地生活援助論』も学びます。
そして、最終学年には病院や施設での『臨床実習』で知識や技術の確認を行います。 また、『作業療法研究法(卒業研究)』によって研究能力と問題解決能力を養うなど、様々なカリキュラムが組まれています。

資格

  • 作業療法士国家試験受験資格が得られます。

卒業生の進路

20151213ì‹Æ—Ö@ŠwêU

ページの先頭へ