北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

看護学専攻

北大看護学ホームページはこちらをご覧ください

概要

看護学専攻看護学とは、さまざまな環境のもとで生活している人々が、その健康状態において生命力を高め、持てる力を十分に発揮できるための援助について、科学的に探求する学問です。

本専攻は、社会の多様なニーズに対応できる高度な看護実践能力と国際的視野を持った看護師を育成することを目的としています。また、将来、教育者または研究者として看護学を探求できる人材を育成し、看護学の確立と看護技術の開発を促進することで、人々の保健医療の向上に寄与することを目指しています。

専門科目

専門科目では、柔軟な思考力・倫理的判断力・科学的根拠に基づく看護実践能力を養うために 『看護ヘルスアセスメント』『看護倫理』『生活援助看護技術』『家族援助論』『在宅看護演習』『セルフケア・リハビリテーション看護』『メンタルヘルスと看護』『老年看護学健康論』『母子保健学』 などを学びます。 『チーム医療演習』では、様々な保健医療職種とのチームアプローチのあり方について学びます。 また、『国際保健学』では、国際的な健康問題に対する取り組みや国際協力について学習し、今後の国際的な課題について考えます。

資格

  • 看護師国家試験受験資格が得られます。

※平成23年度入学者より、保健師、助産師の国家試験受験資格は取得することができません。
平成26年度入学者より、大学院保健科学院修士課程保健科学専攻看護学コースにおいて、公衆衛生看護学科目群で保健師、助産学科目群で助産師の国家試験受験資格が取得できます。

卒業生の進路

20150405ŠÅŒìŠwêU+

 

ページの先頭へ