研究紹介

高度脂質分析ラボラトリー

高度脂質分析ラボラトリー部門は、脂質や脂質代謝関連物質を独自の高度な技術で分析し、さらに脂質代謝を改善する食品の開発を行っています。高度脂質分析ラボラトリー部門は北海道大学のリサーチ&ビジネス・パーク構想に組み込まれており,北海道における産学連携の発展に後年しています。

研修紹介1

研究紹介2

研究紹介3

研究紹介4

主な分析機器

質量分析装置

TSQ
TSQ
LXQ

 

LXQ
LTQ Orbitrap XL

 

LTQ Orbitrap XL
UltraflexExtreme (MALDI/TOF Imaging

 

UltraflexExtreme (MALDI/TOF Imaging

 

超遠心機

Picture2

クロマト装置

GC

GC

LC

 

LC

全自動生化学分析装置

Picture5

センサー実験設備

Picture7

原子間力顕微鏡 2台 示差走査熱量測定計

Picture8

分子生物学・生化学実験装置

  • クリーンベンチ
  • PCR/リアルタイムPCR
  • 蛍光顕微鏡
  • イメージアナライザー
  • イムノアッセイシステム

細胞代謝化学研究室

本研究室では、細胞における脂質代謝や酸化ストレス代謝及びそれらの病態生理学的機構解明を行っています

テーマ

  1. 過酸化脂質に関する研究   (Studies of lipid hydroperoxides)
  2. プラズマローゲンに関する研究   (Studies of plasmalogen)
  3. 脂肪酸に関する研究   (Studies of fatty acids)
  4. バイオマーカーの探索   (Search for biomarkers)

 

関連記事

日刊工業新聞 business Line
掲載日 2012年11月19日

サッポロなど、ホップ成分に動脈硬化の予防効果を発見-天然物成分で初

独立行政法人 科学技術振興機構
掲載日:2012年11月22日
「Science Portal」科学技術の最新情報を提供する総合WEBサイト

ビールのホップに動脈硬化予防効果