北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

荒木 敦子
荒木 敦子 Atsuko Araki
  • 教授 / Professor
  • 博士(医学)/Ph.D
  • 専門:健康科学(Health Sciences)/ 環境疫学(Environmental Epidemiology)/ 衛生学(Public Health and Hygiene)
専門分野
健康科学 Health Sciences
環境疫学 Environmental Epidemiology
衛生学 Public Health and Hygiene
研究テーマ
1) 環境と子どもの健康に関する出生コーホート研究
2) 室内環境と健康に関する疫学研究
3) 環境化学物質と人々の健康調査研究

1) Birth Cohort Studies on Environment and Children’s Health
2) Indoor Environment and inhabitants’ health
3) Survey on Environmental Chemicals and Health
自己PR
環境疫学を専門に、特に環境化学物質への曝露と子どものアレルギー、発育、二次性徴、あるいは室内環境と居住者のアレルギーやシックハウス症候群との関連に関する研究を実施してきました。WHO研究協力センターとして、国際連携研究・教育にも積極的に寄与していきたいと思います。

I am Environmental Epidemiologist, especially focus on environmental chemical exposure and their association with asthma and allergies, puberty onset, growth, etc. I also focus on indoor environment and inhabitant’s health such as asthma and allergies and sick building syndrome. As a member of WHO Collaborating Centre, I would involve in global collaboration on research and education.
受験者への
メッセージ
環境と人々の健康に関する疫学研究に興味がある方であれば、出身学部は問いません。研究テーマは、興味と希望を尊重しながら、何ができるかを一緒に考えていきたいと考えます。
I welcome students with diverse backgrounds, who are interested in epidemiological study on environment and human health.
ページの先頭へ