北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

田髙 悦子
田髙 悦子 Etsuko TADAKA
  • 教授 / Professor
  • 博士(保健学) /Ph.D.
  • 専門:公衆衛生看護学、地域看護学 / Public Health Nursing, / Community Health Nursing
専門分野
公衆衛生看護学、地域看護学
(Public Health Nursing, / Community Health Nursing)
研究テーマ
1.地域を基盤とする健康長寿にむけた理論の構築やプログラムの開発と評価に関する実証研究 
2.地域住民における健康と社会的孤立・孤独の予測・予防の指標や方策の開発に関する実証研究 

1. Empirical research on the development and evaluation of community-based theories and programs for health longevity.  
2. Empirical research on the development of indicators for health and preventing social isolation/loneliness among community residents.
自己PR
生涯にわたりいかに健やかに育まれ、生活を営み、穏やかに老いることができるかという、人々の「健康長寿」の願いを叶えるため、公衆衛生看護学/地域看護学の立場から、おおよそあらゆる分野との連携や協働のもと、教育、研究、社会貢献に取り組んでおります。

In order to achieve people's wish for "healthy longevity," We are engaged in education and research based on the expertise in public health nursing and community nursing, and in cooperation and collaboration with various fields.
受験者への
メッセージ
今日の日本は、すでに言い古された表現ではありますが、少子高齢・人口減少社会であり、その影響は、人口、産業、経済、教育、社会保障等のあらゆる側面で言及され、ジャパンシンドロームとも呼ばれています。
 このようななかで、今後、日本がどのようにジャパンシンドロームに対峙し、また人々の健康の課題を明らかにし、さらにはその課題を解決もしくは達成する方策を提示していくかについては、全世界の耳目を集めています。
けっして容易ではない、しかしながら取り組むべき価値のある、さまざまな人々の健康の課題に果敢に取り組むとともに、この社会をしっかりと支えることができるヘルスサイエンスの構築にともにチャレンジしましょう。

Today's Japan is a society with a declining birthrate, an aging population, and a declining population, and the effects of this are referred to in all aspects of the population, industry, economy, education, and social security, and are also referred to as the Japan Syndrome.
 In this context, the question of how Japan will confront the Japan Syndrome, identify the challenges of human health, and propose measures to solve or achieve these challenges is attracting the attention of the entire world.
 Let us tackle the challenges of human health, which are not easy, but are worth tackling, and let us work together to build Health Sciences as a discipline that can support well-being of the society!
研究室HP
http://square.umin.ac.jp/phnhokudai/index.html
ページの先頭へ