北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

横澤 宏一
横澤 宏一 Koichi YOKOSAWA
  • 教授 / Professor
  • 博士(工学) / Ph.D.
  • 専門:医用生体工学
専門分野
1.医用生体工学
特に生体計測用センサ、無侵襲脳機能計測など
(Biomedical-engineering, biometric sensors, non-invasive imaging of brain function)
研究テーマ
1. 電気生理学的手法による感情やストレスの定量計測
2. ヒトの認知機能の無侵襲計測とイメージング
3. 高次脳機能情報の医工学的応用に関する研究
(Non-invasive detection and quantification of human cognitive processing by electrophysiological methods)
自己PR
メーカに20年間勤務した後、母校に戻りました。修士課程までは理学部物理学科、博士課程は社会人入学で工学研究科でした。
受験者への
メッセージ
医学部保健学科で学ぶ内容は、学際領域で幅広いです。興味のある分野を見つけて大学院で深く学ぶのもいいと思います。
主な研究内容
総合健康科学 健康科学

医用生体工学本研究室では、主に脳磁計を用いた研究を行っています。脳磁計は脳波計と同じように脳内の神経活動を電気生理学的な方法で計測する機器ですが、脳内の活動部位を比較的正確に知ることができます。そのため脳の機能を調べたり、ヒトの精神状態や意図を読み出したりする研究が幅広く行われています。本研究室では精神の健康状態の指標を得るための手がかりとして「ストレス」「快、不快」「期待」「注意」といった高次な認知的脳情報の計測を試みています。また、教育学研究院や医学研究科との共同研究で発達障害の発症メカニズムを調べたり、文学研究科(心理システム科学)と音楽の認知を調べたり、情報科学研究科(生命人間情報科学)と短期記憶に伴う脳活動を計測したり、といったように脳磁計を共通の計測法として他研究院や研究科、海外(フィンランド)の大学との共同研究を幅広く行っています。

医用生体工学

ページの先頭へ