北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

矢野 理香
矢野 理香 Rika YANO
  • 教授 / Professor
  • 博士(看護学) / Ph.D.
  • 専門:看護技術学・看護教育学
専門分野
1.基礎看護学(Fundamentals of Nursing)
2.看護教育(Nursing Education)
研究テーマ
1) 看護技術の成果モデル開発と効果に関する研究
2) 熟練看護師の技の可視化に関する研究
3) 看護職の健康・疲労管理と仮眠環境システムの構築
自己PR
エビデンスに基づいた看護技術教育を目指して、看護技術の方法および効果に関する研究をしています。 また、臨床看護師の協力を得ながら、実際の看護実践に役立つケア方法を明らかにしたいと考えています。目に見えにくく、評価が難しい看護ケアに伴う患者の効果をいかに測定できるのか、対象者からの反応を原動力にして、研究に取り組んでいます。
受験者への
メッセージ
「目の前の患者さんに答えがある」をモットーに、看護の質向上につながる研究・教育を推進することで、臨床現場の問題を解決し、看護学の発展に貢献することを目指しています。
看護師の手を介したケアの意味や効果、メカニズムを楽しく共に探求しましょう。新たな自分の可能性を広げてみませんか。
研究室HP
https://yanolaboratory.wixsite.com/hokkaido-univ
主な研究内容
看護学・看護実践 看護科学

看護ケアのエビデンスの構築に向けて、技術の効果、メカニズムに関する研究をしています。ケア効果の可視化を目指して、他の研究院の研究者とも協働し、独自の言語分析を創出・活用しながら、ケアモデル開発とその効果を検証しています。これまでに、気持ちよさにもつながる清潔ケアプログラムの開発と効果検証を実施しています。
また、熟練看護師の技に着目し、従来コツといわれてきた実践知を可視化するために、動作分析の手法を用いた研究にも取り組んでいます。さらに、その技の有効性を、基礎的実験、臨床における介入研究などをもとに生理学的データ、患者の満足度などから検証しています。このような研究蓄積により、看護技術の教育プログラム開発に発展させることができると考えています。
上記のような看護ケアを実現するために、患者にとって‘良い看護師’の離職を削減しなければ、臨床看護の安全とサービスの質は確保できないと考えています。そこで、交代勤務を行う看護職の仮眠、看護職のバーンアウトを予測するアルゴリズムの開発などに焦点を当てています。特に、夜勤中の仮眠環境システムの構築および疲労と健康管理に関して、企業との共同研究を推進し、全国の看護職の離職率抑制に寄与し、「病院の健康経営」を促進するサービスの発展につなげていきたいと考えています。

 

ページの先頭へ