北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

平野 美千代
平野 美千代 Michiyo HIRANO
  • 准教授 / Associate Professor
  • 博士(看護学) / Ph.D.
  • 専門:公衆衛生看護学
専門分野
公衆衛生看護学、地域看護学
(Public Health Nursing, Community Health Nursing)
研究テーマ
1. 要支援高齢者の社会活動に関する支援プログラムの開発
(Developing a care program of social activities for the elderly who require daily support)
2. 在宅高齢者への効果的な介護予防ケアに関する研究
(Developing a preventive care program for the community-dwelling elderly)
3. 行政機関に勤める保健師の実践および能力に関する研究
(Practice and competency of public health nurses working at prefecture and municipality public health centers)
自己PR
保健師として勤めた頃の想い、また住民の方々から学ばせていただいた体験を糧に、地域の人々の健康に反映できる研究に取り組んでいます。また、保健師の方たちとの共同による、実践を評価しエビデンスを蓄積する研究にも取り組みたいと考えております。
受験者への
メッセージ
人と人とのつながりを基盤に発展していく「看護」は、とてもすばらしいものです。学問、科学として「看護」は奥深く、そして自分をも成長させてくれます。そのすばらしさをぜひ学んでほしいと思います。
研究室HP
http://square.umin.ac.jp/phnhokudai/index.html
主な研究内容
看護学・看護実践 看護科学

公衆衛生看護は、健康な人から病気や障がいを抱える人などあらゆる健康状態の人々、生活障害をきたしやすい貧困者・孤立者といった生活弱者など、地域で生活する多様な人々を対象に看護を提供します。その活動は住民個々人に対する個別的な支援を基盤に、事業化、施策化、政策化による社会への介入など、繊細かつダイナミックな活動です。
公衆衛生看護学に関する研究の一環として、要支援認定を受けた高齢女性の社会活動の現象を概念化し、効果的な介護予防ケアを目指した要支援高齢女性の社会活動尺度の開発を行っています。今後は、本尺度を用いた支援プログラムを開発し、高齢者の健康ならびに公衆衛生看護活動に還元できる研究をしていきたいと考えています。また、保健師の実践能力向上を目指し、共同研究者として保健師の実践能力に関する研究や、保健師基礎教育に関する研究に携わっています。

公衆衛生看護学

ページの先頭へ