北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

鷲見 尚己
鷲見 尚己 Naomi SUMI
  • 准教授 / Associate Professor
  • 博士(保健学) / Ph.D.
  • 専門:療養生活支援看護学
専門分野
成人看護学
看護ケアシステムに関する研究
研究テーマ
退院支援におけるシステムの開発と標準化
外来看護、継続看護におけるケアマネジメント
がん患者支援のためのケアシステムの構築
(Discharge Planning, Care Management/system, Cancer Nursing)
自己PR
本人はいたって真面目にやっているつもりですが、かなりドジなところがあるようです(ある学生談)。 あらゆる人にとって有用な新しいケア提供システムを考えていきたいと思っています。
受験者への
メッセージ
今までの看護実践を振り返ったり,自分の目指す看護を考えてみませんか?やる気のある方、大歓迎です。ぜひ、一緒に新しい看護を作っていきましょう!
主な研究内容
看護学・看護実践 看護科学

近年における健康障害の特徴(がんや生活習慣病などを含む慢性病等)や、人々を取り巻く社会的な環境の変化、先進医療および医療サービスシステムの変革などを背景に、健康障害を持ちながらもその人らしく生活するための多様な支援が求められています。
成人看護学・療養生活支援看護学は、対象者とその家族、取り巻く環境を対象とし、近年の社会的問題を含めた医療に関する幅広い課題を取り扱う領域です。近年は、健康障害を抱える人を理解する研究、効果的な看護実践のあり方に関する研究、看護ケア提供システムの構築に関する研究を行い、また、市内の臨床施設との協働により、研究成果を看護実践に還元する活動や海外でのフィールドワークも実施しています。
平成24年度から文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」<先端がん看護学プログラム>において、新しいがん治療をより有効に行うための看護実践の検証など、地域がん医療に基づく高度な実践・研究能力を有する看護師の育成を行っています。
無題2鷲見先生
図1鷲見先生

大学院生によるがん予防教室の実施

ページの先頭へ