北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

佐藤 洋子 Yoko SATO
  • 教授 / Professor
  • 修士(法学) / M.A.
  • 専門:小児看護学・母子看護学
専門分野
小児を中心とした、小児保健学、小児看護学、母子看護学が専門です。保健学科では、小児看護学概論、小児保健学、小児看護学援助論、小児看護学実習を担当しています。保健科学院では、母子看護学特論、母子看護学演習、などの関連科目を担当しています。
研究テーマ
1.小児看護におけるリスクマネージメントの検討
(Study on the risk management in child nursing)
2.小児医療における情報提供様式と看護スキルの開発
(Study on information style to a child in child nursing)
自己PR
以前は「石橋を叩いて割る(渡る)!」と慎重すぎる性格でしたが、近年は、可能な限り行動を起こして、なんでも経験したいと考えています。老子曰く「聞いたことは、忘れる。 見たことは、覚える。 やったことは、わかる。」
受験者への
メッセージ
少子高齢化の時代に、小児保健、小児看護、母子看護に関心のある方、歓迎します。
主な研究内容
看護学・看護実践

従来、小児看護領域では、子どもとの信頼関係を築く目的や情緒的問題を予防する意味で、患児自身に直接情報を提供することが原則とされています。この場合、患児に提供される情報は、患児の年齢、発達段階、治療処置やケアの内容を考慮して選択し、提供されます。しかし、近年の社会や親子関係の変化により、子どもあるいは保護者の 意思決定に関するニーズも変化しているように考えられます。また、入退院を繰り返し、キャリーオーバーとして成育した場合など、子ども自身の意思決定力や自律性の形成と発達、医療者に求める情報の質や提供様式も変化すると推測されます。そこでの子どもの権利の具現化、子どもの意思決定のニーズの充足は看護師の役割や医療環境が深 く関係すると思われます。小児看護学領域は、小児医療に関連する子どもの権利とその具現化、小児自身の自律性の形成と発達、これらと医療環境、看護との関係などを明らかにすることを目指しています。

市販されているプレパレーションツール例

ページの先頭へ