北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

佐川 正
佐川 正 Tadashi SAGAWA
  • 特任教授 / (Specially Appointed) Professor
  • 医学博士 / M.D., Ph.D.
  • 専門:産婦人科学
専門分野
創成看護学分野、母性・助産、小児看護学グループで、母性看護学を担当しています。 産婦人科専門医、母体保護法指定医師、細胞診専門医、麻酔科標榜医の資格を有し、母性看護学、助産診断技術学、 一般教育演習(フレッシュマンセミナー、女性とホルモン)を担当しています。
研究テーマ
検診マンモグラフィ読影医師(評価AS)の資格を有し、婦人科における乳癌検診、乳癌・卵巣癌、子宮体癌の家族発生、 乳癌と婦人科腫瘍との重複癌について研究しています。 また、フリースタイル分娩、産科施設集約化など周産期医療を取り巻く今日的問題についても研究している。
自己PR
北大チアリーディング部カデンディアの顧問をしており、研究グループの学生とチアリーディングの大会へ応援に行くのが趣味です。 Webクリエイター能力認定試験上級、Microsoft Office Specialistの資格を有し、自分でホームページを作成しています。 URLは下記のとおりです。
受験者への
メッセージ
連日のように、産科医師不足がマスコミで取り上げられていますが、 土俵際で何とか踏み止まっていられるのは助産師の活躍があるからです。 助産師数も減れば、日本は安心してお産のできない国になるでしょう。一人でも多くの学生が助産師を目指すことを期待しています。
研究室HP
http://www11.plala.or.jp/itankangobosei/
主な研究内容
看護学・看護実践 看護科学

産婦人科救急オペレーター事業の調査マスコミなどで周知のように、産科医師不足により周産期医療は大変な状態になっており、産婦人科医療の現場では、大きな変化が起こっております、このような変化を研究テーマとして積極的に取り入れています。例えば、平成19年度は「北海道の産科施設集約による助産師業務についての研究」、平成20年度は「北海道における助産師外来の実態調査」、平成21年度は「札幌市の産婦人科救急におけるオペレーター及び電話相談事業の現状と課題」、平成22年度は「フリースタイル分娩が産科的諸因子に与える影響に関する検討」、平成23年度は「大学院修士課程での助産師教育に対する看護学生の意見」を卒研の研究テーマとして取り上げ、いずれも査読制度のある和文学会誌に掲載されました。

平成26年度より助産師教育が本院で開始されるのに伴い、院生を直接指導する機会も増えてくると思いますが、今までのスタンスで研究を続けるつもりです。研究に当たって、大事にしていることは医療の現場に実際に入り、働いている医療者と顔を突き合わせて研究を行うことです。右の写真は札幌市保健所へ行き、助産師による産婦人科救急オペレーター事業を調査した時の写真です。詳しくは母性HPをご覧ください。

ページの先頭へ