北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

惠 淑萍
惠 淑萍 Shu-Ping HUI
  • 教授 / Professor
  • 博士(医学) / M.D., Ph.D.
  • 専門:臨床化学・分析化学
専門分野
1. 臨床化学(clinical chemistry)
2. 分析化学(analytical chemistry)
研究テーマ
1. 過酸化脂質に関する研究
(Study of lpid hydroperoxide )
2. プラズマローゲンに関する研究
(Study of plasmalogen)
3. バイオマーカーの探索
(Search for biomarker)
自己PR
過酸化脂質は動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)に大きく関わっていることが近年の研究で明らかになっています。私は様々な過酸化脂質の化学合成を行い,それらの分析法を独自に開発しました。
アルツハイマー病では,プラズマローゲンという脂質の血中濃度が低下することも報告されています。プラズマローゲンの合成や分析も独自な方法で行っています。
動脈硬化やアルツハイマー病などの疾患に関する病因解明と新しい診断法の開発を目指して研究・教育を行っています。
受験者への
メッセージ
一緒に病気の新しい診断法を開発してみませんか。
研究室HP
https://www.hs.hokudai.ac.jp/cmcl-lala/
主な研究内容
生体情報科学 先進医療科学

 細胞代謝化学研究室では,血液・細胞・ミトコンドリア・臓器中の脂質成分や脂肪滴の研究をしています。特に,酸化ストレスと関係が深い過酸化脂質,酸化リポ蛋白,抗酸化生理活性脂質,抗酸化機能性食品などに注目し,それらの物質を質量分析計(LC-MS)などにより測定法を開発し,脂質代謝と異所性脂肪蓄積(NASH等)との関係を調べています。余所にはない抗体,機能性物質,測定法を開発し,特許出願を重ねています。
 本研究室には医学,水産学,獣医学,薬学,工学(化学,ナノテク)などの博士研究者が集い,企業からの客員研究員の訪問や寄附分野(食品機能解析学・保健栄養学分野)の設置もあって,学際的雰囲気の中で研究が行われています。脂質・脂質代謝関連物質について,分子,遺伝子.タンパク質,細胞,組織,個体レベルの研究をしていますので,学生は様々な技術や考え方を修得できます。外国人教員も増えて国際的な雰囲気で研究しています。

細胞代謝化学研究室ホームページ http://www.hs.hokudai.ac.jp/cmcl-lala/

ページの先頭へ