北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

神島 保
神島 保 Tamotsu KAMISHIMA
  • 教授 / Professor
  • 博士(医学) / M.D., Ph.D.
  • 専門:画像診断学
専門分野
放射線診断学
Diagnostic Radiology
骨軟部放射線診断学
Musculoskeletal Radiology
研究テーマ
1.関節リウマチの画像診断
Diagnostic Imaging in Rheumatology
2.仮想的臓器体積測定
Virtual Organ Volumetry
自己PR
画像診断は占いではありません。画像からわかることとわからないことがあり、これを適切に判断することが大切です。画像からわかることを論理的・客観的に解説できることが自分の長所であると考えています。画像の意味することが納得できるまで一緒に考えましょう。
受験者への
メッセージ
臨床的に重要な画像情報をより効率的に引き出す研究をしています。興味がある方はいつでもご連絡願います。
E-mail: ktamotamo2*hs.hokudai.ac.jp
※メールを送る際は、*を半角@へ変えてください
研究室HP
https://www.hs.hokudai.ac.jp/kamishima/
主な研究内容
生体量子科学 先進医療科学

当研究室では単純写真・超音波・CT・MRIなどを用いた画像診断に 関する研究を行っています。特に、最近、臨床応用が急速に進んでいる、「関節リウマチの画像診断」に関する研究に力を入れています。研究の方向性として、可能な限り侵襲の少ない検査で効率的に病変を検出し、曖昧さや不確かさの少ない定量値を得ることができる手法の開発を目指します。具体的な研究テーマとして、①専用に開発されたソフトウエアによる、単純写真上の骨病変抽出、②超音波における毛細血管ファントムを用いた定量的解析の応用、③全身MRIを用いた関節評価などが現在行われているものです。

大学院を通して科学的思考を養い、研究手法を習得することは勿論のことですが、臨床的な画像読影能力も並行して修練し、卒後すぐに役立つような実践的画像読影力を培います。また、英語で情報収集・情報交換できる能力を育成するための環境整備も考慮し、国際的な舞台でも通用する人材育成を目指します。

教員紹介

単純写真を用いた経時差分技術:2回の検査の間に生じた関節裂隙の変化が赤色の帯で示されている

ページの先頭へ