北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

教員紹介

尾崎 倫孝
尾崎 倫孝 Michitaka OZAKI
  • 教授 / Professor
  • 医学博士 / MD, Ph.D.
  • 専門:分子生物学、肝臓生理病態学、生体分子イメージング
専門分野
消化器病学・肝臓病学 Gastroenterology/Hepatology
再生医学・移植外科学 Regenerative and Transplantation Medicine
分子生物学 Molecular Biology
研究テーマ
1)ストレスに対する生体応答と適応におけるメカニズムの解析 molecular mechanism of stress response and adaptation
2)様々な肝病態の分子生物学的解析と全身状態への影響(細胞・臓器機能と全身状態に関する包括的研究)liver physio-pathology and its systemic impact (a comprehensive study of cell/organ function and whole body conditions)
3)「光」を利用した非侵襲的・経時的生体イメージングによる生体機能・生体環境評価法の開発と医療への応用 optic imaging: non-invasive/continuous visualization of molecular function and its application for evaluation of cell/organ atmospheres and diagnosis/therapy
自己PR
生体、臓器(特に肝臓)へのストレスを分子レベルで多角的に解析しています。また、様々なストレスに対する生体応答機構を分子生物学的手法、イメージングの手法等をもちいて個体レベルで理解したいと思っています。
受験者への
メッセージ
大切なことは、自分が本当にやりたいことを出来るだけ早く見出すこと、そして、それに向かって信念を持って進むことと思います。後悔しないために。
研究室HP
http://prometheus-lsi.com/
https://www.hs.hokudai.ac.jp/innovation/lab3.html
主な研究内容
生体情報科学 先進医療科学 看護学・看護実践 看護科学

生体・臓器が種々のストレスを受けた後に起こす細胞・臓器レベルの防御・生存・再生に向けた応答を研究し、それらの分子機構を明らかにしています。また、それらの反応を生体レベルでイメージングすることを試みています。これは、将来臨床の場での診断・治療で応用するための基盤的研究となります。

1)様々なストレスに対する細胞・臓器応答と機能への影響の研究:臓器(特に肝臓)の障害と再生の分子機序の解明と酸化ストレス、小胞体ストレス等の細胞・臓器機能への影響の研究をしています(図左:マウス虚血・再灌流後肝の酸化ストレスと抗酸化剤NACによる抑制のイメージング像)。

2)生体イメージング:細胞内分子の機能(活性化)あるいは細胞環境の変化を可視化し、生体レベルで光を応用したイメージングを試みています。また、癌細胞特異的抗原に対する抗体に光プローブを搭載し、新しい診断・治療法の開発を行っています(図右:マウス皮下Dlk-1 陽性腫瘍の光イメージング)。

生体分子イメージング

ページの先頭へ