北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

お知らせ

【日本学生支援機構】新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について

日本学生支援機構では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた以下1~3に該当する学生に対する緊急対応を行うこととなりましたのでお知らせいたします。

つきましては、該当する学生で支援を希望する場合は、該当するリンク先から日本学生支援機構のホームページに掲載されている内容を確認の上、申請を行う場合は速やかに保健学科教務担当までお越しください(または連絡願います)。それぞれの期日が非常に短いので注意してください。

※第二種奨学金は利息がある奨学金となります。申請するか否か慎重に考えましょう。

 

1.卒業延期となった学生の第二種奨学金の貸与期間延長(最高学年の学生対象)

※保健学科教務担当への関係書類提出期限 12月23日(水)17時まで

現在、最高学年で第二種奨学金を受けており、貸与終了予定が令和2年度中の方で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、就職の内定取消しを受けたこと又は就職先が決まらないなど、卒業予定期を超えての在学期間延長及び奨学金貸与の必要性を認められた方については、貸与期間を最大1年延長します。

 

2.第二種奨学金の継続貸与(休学中の学生対象)
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、今年度に休学しボランティアに参加する等の活動を行っており、その休学期間の活動が有意義であると大学が判断した場合について、第二種奨学金の貸与を受けている学生は最大1年間、貸与を継続することができます。

※保健学科教務担当への関係書類提出期限 12月23日(水)17時まで

 

3.第二種奨学金の新規貸与(休学中の学生対象)

※希望者は保健学科教務担当へ12月21日(月)17時までに申し出ること。

現在、第二種奨学金の貸与を受けていない学生で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、今年度に休学しボランティアに参加する等の活動を行っており、その休学期間の活動が有意義であると大学が判断した場合について、新たに第二種奨学金を申請することができます。

 

投稿日:2020年12月17日
ページの先頭へ