北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

お知らせ

北海道大学後期緊急授業料減免の実施について

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変し,経済的理由により授業料の納付が困難になった方のために,以下のとおり緊急授業料減免を実施します。今回の緊急授業料減免は令和2年度後期分授業料のみの受付となります。

1.減免申請対象条件

今回の緊急授業料減免に申請できるのは,全ての正規学生(国費外国人留学生を除く。)のうち,次の条件を全て満たす者とします。

(1)申請時に国や地方公共団体が,新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施した公的支援の受給証明書(写)を提出できる者,又は家計支持者の昨年(令和元年)の収入額と事由発生後の今年(令和2年)の収入見込み額を比較し,1/2以下となった者

※「公的支援」には,「令和2年度北海道大学緊急修学支援金」と「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』は含みません。(2020年10月27日追記)

(2)家計支持者の今年(令和2年)の収入見込み額が,別途指定する「収入基準額」よりも,下回っている者。

(3)本学が定める学力基準を満たした者(学力基準は「申請のしおり」にてご確認ください。)

(4)前年度に引き続き留年した者,及び修業年限超過が1年を超える者ではないこと。

(5)日本人学部学生については,日本学生支援機構が実施する,高等教育の修学支援新制度「給付奨学金(家計急変)」に申請が完了していること。

※ 日本人学部学生で,新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合は,日本学生支援機構が実施する「給付奨学金(家計急変)」の申請ができますので,そちらにもお申込みください。通常の給付奨学金に申請中の者についても,新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合は,給付奨学金(家計急変)への移行申請が可能です。日本学生支援機構のHPを確認の上,所要の手続きを行ってください。

2.減免区分

予算の範囲内で,令和2年度後期分授業料を「全額減免」とします。

3.”令和2年度後期分授業料減免”との重複申請について

今回の”後期緊急授業料減免”は”令和2年度後期分授業料減免”と重複して申請することができます。なお,重複して申請する場合,提出する書類の一部を省略することができます。

4.申請書類等の取得方法・受付期限

取得方法  「申請書」及び「申請のしおり」は,下記よりダウンロードしてください。(窓口での用紙配付はありません)

受付期限  令和2年11月6日(金)17時00分【期限厳守】

※期限以降は「公平性の観点」から、いかなる理由があっても一切受付することができませんので注意してください。

提出場所  保健学科教務担当へ,①直接窓口に提出②郵送により提出 してください。

消印は無効となります期限(11/6(金)17時)までに到着するように必ず簡易書留にて発送してください。

※郵送の場合であっても期限に遅れて到着した場合は受付ませんので注意してください。

5.追加支援について

本緊急授業料減免に許可された者を対象として,日本学生支援機構「新型コロナウイルス感染症対策助成事業」の助成金による生活支援(食費等の支援を大学生協電子マネーにて支援)を実施します。予算額は120万円で,本学授業料減免基準により,困窮度の高い順に決定します。1人当たりの支援額は,決定者数に応じて予算額の範囲にて決定(概ね1万円程度と想定していますが,決定者数により変動します)。なお,決定者には,緊急授業料減免の結果と同時にお知らせします。

 

※詳細については,「申請のしおり」をダウンロードしてご覧ください。(窓口での配付は行っておりません)

北海道大学ホームページ

https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/2020/10/post-631.html

投稿日:2020年10月29日
ページの先頭へ