北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

お知らせ

9/14更新分【重要】新型コロナウイルス感染症への対応について(NEW)

令和2年9月14日

 

大学院保健科学院及び医学部保健学科学生各位

 

大学院保健科学院・医学部保健学科

 

令和2年度第2学期の授業実施方法について

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための北海道大学の行動指針(BCP)により,第2学期の授業実施方法をお知らせします。

 

1.実施方法と開始時期

第1学期では教育の継続性の観点から,行動指針レベル1であっても,オンライン授業を中心に実施することとなりましたが,第2学期においては,感染防止対策を十分に講じた上で適切と判断されるものについては対面授業を実施し,行動指針レベルの変更に応じて対面授業が困難と判断される場合は,オンライン授業を中心に実施していくことを基本方針とします。

行動指針レベル1の場合には,三密を回避し感染予防対策を講じることができると認められた科目については対面による授業を実施します。科目により,オンラインで実施する科目もありますが,感染防止の対応を取りながら対面授業が認められた科目については対面授業を実施していくこととなりますので,学生のみなさんは第2学期からは通学して授業へ出席することができるように準備を進めてください。

授業開始日は9月28日(月)からとなりますが,各授業科目の講義形態は9月23日(水)に各授業科目の「シラバス備考欄」に記載し公開予定です。必ず確認してください。

また,履修登録等のスケジュールを含め,2学期の行事予定表を変更しますので併せて確認してください。

学部

大学院

行動指針レベル2の場合には,原則オンライン授業で実施され,演習・実験・実習等の科目及び授業内容の一部に実習等が含まれている科目について,一部のコマに限定し,対面授業が実施される可能性があります。

行動指針レベル3の場合には,オンライン授業のみとなります。

 

2.対面授業実施時の感染予防対策

①体調管理

・発熱・倦怠感などの症状がある場合は,絶対に無理をして登校はせず,授業担当教員にメールにて連絡すること。

②教室

・教室は時間割上で割り当てられた教室の使用を基本とするが,履修者数確定後に変更する可能性がある。

③換気

・30分に1回以上数分間程度,窓及びドアを開放する等,定期的な換気を行うことから,冬期間は着脱可能な衣服を持参し,学生自身で体温管理できるように対応すること。

④手指消毒等

・対面授業において,授業開始前後の手洗い又は手指消毒を必ず行うこと。

⑤マスクの着用

・必ずマスク及び必要に応じてフェイスシールドを着用すること。マスクを忘れた場合は教務担当まで申し出ること。

(フェイスシールドはおって各専攻から配付予定です)

⑥健康観察記録の持参

・可能な限り毎朝健康観察を行い,その結果を記録してください。

【携帯アプリ「健康日記」】

https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/usageofhealthdiary.pdf

又は,

【「健康チェックシート」】

(PDF)   https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/healthchecksheet.pdf

(EXCEL)https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/healthchecksheet.xlsx

を活用してください。

3.学生の学習環境

対面授業科目がありますが,オンラインで実施される授業(インターネットを活用した授業)もあることから,1学期に引き続き,履修に必要なノートパソコン等の保有及び自宅等でのインターネット環境の整備について重ねてお願いします。

ノートパソコン等及び自宅等でのインターネット環境が整わない学生に対して,既にノートパソコン及びWi-Fiルーターを無償で貸与しているのと併せて、2学期においてもELMSで既に周知されています。

※今後の状況に応じて,対応が変更となる場合があります。変更となり次第,ホームページで公表します。

投稿日:2020年09月15日
ページの先頭へ