北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健科学研究院

お知らせ

本研究院八田達夫教授が共同開発し、製品化された椅子(商品名:PULSEチェア)が㈱内田洋行から寄贈されました

2009/1/22(木)に㈱内田洋行北海道支店において、PULSEチェア発表セレモニーが行われ、代表取締役会長向井眞一様から椅子15脚が本研究院に寄贈されました。

この椅子は、㈱内田洋行の産官学共同開発製品で、八田達夫教授と北海道立心身障害者総合相談所の西村重男氏が共同研究しました。PULSEチェアの発想と技術は重症心身障害者の特殊な車いす研究の成果をベースとしています。重症心身障害者にとって座ることはコミュニケーションや日常生活活動の遂行にとても重要とされます。しかし、脳障害による筋緊張の亢進、筋力低下、筋作用の非対称、更にこれらにより引き起こされた脊柱や骨盤の変形は椅子に座ることを困難にさせます。八田達夫教授と西村重男氏は、このような座ることが難しい人々を座らせる技術(アクティブバランスシーティング)を研究開発してきました。障害のない人々はどのような椅子にも座ることができます。しかし、重度障害の人は座りのポイントを押さえた椅子にしか座ることはできません。ヒトとしての共通項を前提に、障害により座ることの困難な人々を楽に座らせる技術は、障害のない人々に対しては、もっと楽に座らせることができるのではないかと考えられました。今回の開発過程は、障害が重たい人々によってもたらされた成果が、障害のより軽い人々や障害のない人々の役に立つことにつながる一つのモデルと考えられています。

1233023151_1_1233023311_576x432
贈呈式の模様 小林研究院長

1233023151_2_1233023311_589x442

講演の模様 八田教授

投稿日:2009年01月27日
ページの先頭へ