HNS部門 遠隔健康相談

本研究部門では、地域自治体と調剤薬局・情報通信企業と連携して、ICTによる健康イノベーションの創造とその実用化を目指しています。

ヘルスネットワークシステム部門は、インターネットなどICTを活用した地域医療や健康支援を目的として、遠隔健康相談システムの実用化に向けた研究に取り組んでいます。
遠隔健康相談システムは、遠隔健康相談端末を設置したツルハドラッグの調剤薬局とHITEC遠隔健康相談室とを高速インターネットで接続し、看護師・保健師による健康相談を行なっております。昨年3月からの今年の12月までで330件を超える健康相談があり、今年9月からは東日本大震災で被災した岩手県・宮城県のツルハドラッグ4店舗において被災された方の遠隔健康相談も行なっております。
研究内容も、実用可能な遠隔健康相談システムの開発と評価、遠隔で可能な健康相談の内容分析、遠隔健康相談の費用対効果などの経済性評価など幅広く行なっております。スタッフは、現在、医療情報学・看護学の専門家が中心ですが、遠隔健康相談の可能性を挑戦するためにメンタルヘルスや理学療法学の専門家ものご参加頂く予定です。今後、更に遠隔健康相談システムを発展させた地域健康連携システムなどに挑戦し、保健科学研究院を健康情報学の世界的拠点にしたいと考えています。

pdf

拡大して見る(PDF)


プロフィール

      小笠原 克彦 
    Katsuhiko OGASAWARA / Ph.D. M.B.A.

所属部署名 保健科学研究院 保健科学部門 健康科学分野
環境健康科学研究教育センター
学歴
- 2001年      北海道大学 医学研究科 社会医学系専攻
- 1997年      慶應義塾大学 医学研究科 医科学専攻
- 1995年      室蘭工業大学 工学部 情報工学科
- 1989年      北海道大学 医療技術短期大学部 診療放射線技術学科
職歴
2008年      北海道大学大学院保健科学研究院教授 教授
2006年 - 2008年  北海道大学医学部教授 教授
2002年 - 2006年  北海道大学医学部助教授 助教授
2002年 - 2003年  北海道大学医療技術短期大学部助教授 助教授
2000年 - 2002年  北海道大学医療技術短期大学部助手 助手
1999年 - 2000年  学術振興会特別研究員(DC) 研究員
1989年 - 1991年  札幌北楡病院放射線科診療放射線技師 職員(医療系)
1998年       エイズ予防財団リサーチレジデント 研究員
所属学協会
日本放射線技術学会情報システム委員会
日本医療・病院管理学会
日本放射線技術学会
日本医療情報学会
日本医用画像管理学会
日本放射線技術学会医療情報分科会
研究紹介

準備中

LINK

日経メディカル
北海道大学・ツルハ:ICTを活用した遠隔健康相談の実証実験を実施
継続的にサービスを続けられるビジネスモデルを模索

研究実績

準備中

総務省SCOPE 文部省COI-Tの取り組み

準備中